【ポーカー】若きフィル・ヘルミュースVS無名のフランス人おじさん!!

【ポーカー】若きフィル・ヘルミュースVS無名のフランス人おじさん!!相手のプレイにイライラ。最後はいつも通りキレます

ポーカー太郎です!
このチャネルでは海外のポーカートーナメントの様子など、ポーカーに関する動画を日本語字幕つきで上げていきます。

動画のご要望などございましたら、コメント欄にお願いします!

よろしくお願いいたします。

チャンネル登録はこちら↓
http://www.youtube.com/channel/UCEnQpkUjtPrdCJdxUOvZ_ng?sub_confirmation=1

This is an ideal attribution
“Young phil hellmuth cries for an all in! huge mistake!”by Poker GIN is
licensed under CC BY

フィル・ヘルミュース

Phillip Jerome Hellmuth Jr.(1964年7月16日生まれ)は、ワールドシリーズオブポーカーブレスレットの記録を15回獲得したアメリカのプロポーカープレーヤーです。彼は1989年のワールドシリーズオブポーカー(WSOP)[1]のメインイベントと2012年のワールドシリーズオブポーカーヨーロッパ(WSOPE)のメインイベントの優勝者であり、2007年にWSOPのポーカー殿堂入りを果たしました。

彼は史上最高のお金のリストで21位にランクされています。彼は、ほとんどのWSOPキャッシュとほとんどのWSOPファイナルテーブルの記録を保持しており、TJクルーティエを追い抜いています。 Hellmuthは通常、ポーカートーナメントが始まってからずっと後に席に着くことで知られています。2021年1月の時点で、彼のライブトーナメントの賞金は$ 24,000,000を超えています。

オンラインポーカーにチャレンジ!!【KKPOKER】

○現在、上記URLから登録で特典配布中![招待コード『103601』

新規クラブ加入で$20プレゼント※本人登録Lv1認証者完了者のみ(軽い認証確認)2〜3分程度
アフィリエイト限界設定突破最高還元!!(レーキバック)
毎月参加費無料のクラブトーナント開催(賞金総額$50以上)
友人紹介1人につき$40贈呈→多く招待するとその他特典授与
自由参加型メンバー限定コミュニティ!!(質問なども答えます。)クラブ加入後に招待します。※LINEオープンチャット「cross poker club」と検索

 クラブに入会することでスペシャル特典が受けられます
※特典がないクラブもあるので十分に下調べしてください。

KKPOKERのクラブでは、クラブメンバーだけのトーナメント(参加費無料のトーナメント等)に参加できたり、メンバーの入金を代行するなどサポートを行っているクラブもあります。クラブによって特典は異なるため【特典がない】クラブもあります。

※通常のキャッシュゲームやトーナメントはレーキバックがあるクラブのみメリットがあります。

kkpokerクラブオーナーがフリーロール(参加費無料のトーナメント)を開催しているクラブなら、ノーリスクでお金を稼ぐことができるので参加して損はないです。※大きいところだと賞金総額50$以上だしているところも!!

当サイトのクラブだと、新規メンバーへKKPOKER内で$20送金や友人紹介で$40を追加で送金、毎月のフリーロール(賞金総額$50以上)、高設定レーキバック率などの特典を用意しています。

当サイトやRINTYUはまだ有名ではないので、特典はどこよりも高待遇にしております。
(他のクラブを調べて見てください)

登録/ダウンロードはこちら

上記のリンクから登録もしくは、【103601】で検索するとRINTYUのクラブがヒットしますので$20のプレゼントやフリーロールなど【ノーリスク】で参加したい方はぜひ加入してください、

このようにクラブによって特典を受けることができるのがKKPOKERのクラブのメリットです。

様々なクラブの中でどんなクラブを選ぶべきかについては、プレイするレートやスタイルによってことなります。

下記の記事でどのクラブに入るべきか解説しているので迷ってる方は閲覧ください。

クラブ特典について

最新情報をチェックしよう!
>管理人:RINTYU

管理人:RINTYU

普段はスポーツ教室の運営、webデザイナーや人材派遣行、集客のコンサルティングの会社の代表をしております。 Pokerに貢献する為、日本一のPokerサイトにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 当サイト開設の経緯はこちら