【ポーカー】エリック・サイデルの鋭すぎる読みに震える対戦相手

POKER SHOWDOWNではポーカーの楽しさ、面白さを発信していきます👍
チャンネル登録&高評価よろしくお願いします!
🌟チャンネル登録⇒ http://www.youtube.com/channel/UCGbeEtpjeP_iAD5J6yjrVqQ?sub_confirmation=1

サイデルは常に落ち着いていて、すべてを見透かすような眼差しからは
全くスキが感じられません。
実力は結果がしっかりと示していますし、渋くてカッコいい。

動画の感想をコメントで教えてください!

★ポーカーのルールについて知りたい方へオススメ★

テキサスホールデムのゲームの流れを小学生でもわかるようにチョー簡単にまとめた動画
●【ポーカー入門】小学生でもわかる!テキサスホールデムの簡単なゲームの流れを初心者のためにやさしく説明【ポーカー小学校】

これを見ればテキサスホールデムのルールはバッチリ!
●【ポーカー入門】知ると楽しい!初心者のためのテキサスホールデムの基本的なルール【ポーカー小学校】

#ポーカー #Poker #エリックサイデル

サイデルはで生まれました ニューヨーク市。彼はプロとしてプレーした バックギャモン 彼の若い頃。彼は最終的にアメリカの証券取引所のトレーダーになりました 株式市場、そしてポーカーに移りました。

サイデルは、かつての有名な選手のグループの1人でした メイフェアクラブ ニューヨーク市を含む ストゥー・アンガー, ジェイ・ヘイモヴィッツ, ミッキーアップルマン, ハワード・レデラー, ジェイソン・レスター, スティーブゾロトウ, ポール・マグリエル、および ダン・ハリントン.

ポーカーのキャリア

ワールドシリーズオブポーカー

彼の最初のメジャーポーカートーナメントで、ザイデルは次点者でした。 1988ワールドシリーズオブポーカー メインイベント ジョニー・チャン。この最後の手は1998年の映画で紹介されました ラウンダーズ.[2] Seidelは1999年にWSOPメインイベントファイナルテーブルを再び作り、優勝したイベントで4位でフィニッシュしました。 ノエル・ファーロング.

サイデルはで彼の最初のWSOPブレスレットを獲得しました 1992 そして彼の8番目で最新のブレスレットを獲得しました 2007。 Seidelは、Hold’em、Omaha、Deuce to SevenDrawを含む5つの異なるゲームでブレスレットを獲得しています。 WSOPの歴史の中で5人のプレーヤーだけがSeidelより多くのブレスレットを獲得しました: フィルヘルムス, ドイル・ブランソン, ジョニー・チャン, ジョニーモス、および Phil Ivey.

ワールドポーカーツアー

間に 第6シーズン の ワールドポーカーツアー (WPT)、Seidelは2008 WPT Foxwoods Poker Classicで優勝し、$ 992,890を獲得しました。

2011年4月、ザイデルはハリウッドオープンで2度目のWPTタイトルを獲得することができませんでした。彼は次点として終了し、155,103ドルを獲得しました。

ヨーロッパポーカーツアー

2015年5月、ザイデルは2015年に優勝しました ヨーロッパポーカーツアー グランドファイナル€100,000スーパーハイローラー€2,015,000。

○実績

大会名 結果 賞金
$250,000 Super High Roller 2011 Aussie Millions 優勝 $2,489,747
$300,000 No-Limit Hold’em Seven Max 2016 Super High Roller Bowl 3位 $2,400,000
€100,000 No-Limit Hold’em Eight Max EPT Season XI / FPS – Monte Carlo Grand Final 優勝 $2,250,999

○賞金総額
$ 34,782,419

エリック・サイデルは、1959年生まれのニューヨーク出身の天才ポーカープレイヤーです。 彼はバックギャモンプレーヤーとして始まり、バックギャモンを 8 年間プレーした後 彼はウォール街で証券マンに転職し、ポーカーは趣味でしていました。

最新情報をチェックしよう!
>管理人:RINTYU

管理人:RINTYU

普段はスポーツ教室の運営、webデザイナーや人材派遣行、集客のコンサルティングの会社の代表をしております。 Pokerに貢献する為、日本一のPokerサイトにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 当サイト開設の経緯はこちら